突っ張り棒の長さが足りないときは何を挟む?長さの種類や落ちにくいワザもご紹介

豆知識

突っ張り棒を100円均一などのお店で買うときに、「長さはこれぐらいでいいや!」と思って購入すると

あれ、長さが足りない…!?

なんてこと、よくありますよね。(私は買いに行く前についつい測り忘れて、よくあります…汗)
長すぎたら縮ませることはできるけど、足りないときに足すことは不可能。困りますよね。

 

この記事では、突っ張り棒の長さがちょっと足りなくて買いに行くのが面倒なとき、対処できる方法をまとめています。

スポンサーリンク

突っ張り棒の長さが足りないとき挟むもの!

長さが少し足りないときに対処する方法は、下記の方法があります。

・段ボールを挟む
・スポンジやファンデーションのパフを挟む
・余り木を挟む

家にあるもので一番手軽なものは、段ボールでしょうか。
あと2~3mm足りない!というときは、段ボールを当ててみるといいですよ。

スポンジは、台所用のスポンジや、激落ちくんのようなスポンジのカットでもいいと思います。柔らかいのでフィットしやすいですし、ずれ落ちにくいですよ。
女性の方でもし家にファンデーションのパフがあれば、それを使ってもいいと思います。
少し見栄えが悪いというところもあるので、適宜切って使用したいですね。

何センチも、結構な幅が足りなくてちょっと短すぎるという場合は、余り木を当ててみてもいいですね。
ただし、木を挟むと強度が落ちて、モノが落ちやすくなるので注意です。
挟むのにちょうどいい小さい木はないかも知れませんが、ホームセンターに行くと安く手に入れられますよ。

どの方法も、挟むことにより強度が落ちることがあるので要注意です。
サイズが大幅に足りないのであれば、やはり購入しなおすのがオススメです。

次に買い物に行くまでのつなぎというのであれば、これらのものを代用するのはオススメですよ。

スポンサーリンク

突っ張り棒が落ちてくるのがイヤ!何かいいものはある?

突っ張り棒は、ミニカーテンやのれんを付けたり、ちょっとしたものをかけたりするのにとても便利ですが、一番の難点はずれ落ちてくることだと思います。

私はすぐにずれ落ちてくるのがイヤで、バネ式の突っ張り棒に使うことができる、「つっぱり棒壁面ガード」を購入しました。100均(ダイソー)の商品ですよ~!

これはジェルシートで貼ることができるのですが、突っ張り棒をひっかけることができるのでとても便利!
カーテンを付けていますが、落ちてくることは無くなりました。
両面テープではないので、壁に付く心配もありません。

100均で購入できます。とても便利ですよ~!!

もし壁にねじ穴をあけてもよいのであれば、このようなものもオススメです。

 

強力支えポールも便利!

もし突っ張り棒が長いときは、支えポールも良いですよ。

 

これを使うと、 急にガタン!と落ちてくることはある程度防げます。
クローゼットで洋服をかけるときは、ついついたくさんかけて重くなってしまうので、予め付けておくといいですね。

スポンサーリンク

突っ張り棒の長さの種類は?

突っ張り棒は、100均やニトリ、ホームセンターなどで購入できますよね。

3m以上の長いものになると、100均では売っていないことが多いと思います。

長さはどのくらいのものが売っているのでしょうか。

突っ張り棒の最大のものや最小のものは?

身近なお店では、100均(ダイソー)では店舗によって異なると思いますが、
18cm~27cm(100円)が最小75~120cm(400円)が最大のようです。

ニトリでは、50cm~75cmが最小178cm~283cmが最大のようです。
ただし、こちらも店舗によって取り扱いがなかったりするので、ご了承ください。

ニトリでは、バネ式やジャッキ式、棚タイプのものなど突っ張り棒の種類も多いので一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

突っ張り棒の選び方

かけるものが多いときは、しっかりした突っ張り棒を使いましょう。

突っ張り棒は、バネ式とジャッキ式のものがあります。

カーテンなど軽いものは、バネ式でいいと思います。

洋服などをたくさんかける時は、ジャッキ式を使いましょう。
クローゼットに使う突っ張り棒だったら、ジャッキ式のほうがいいかもしれません。
ついつい服を沢山かけてしまうので(汗)

↑ジャッキ式の突っ張り棒、ニトリで購入しました。
クローゼットで大活躍しています!

取り付けるところの幅はもちろんですが、重さもしっかり考えて買えば、ドスン!といきなり落ちることなく突っ張り棒を使うことができます。

スポンサーリンク

まとめ

突っ張り棒は本当に便利ですが、長さを間違って買ったときは本当にショックですよね。。いくつか、家にありそうなものでつなぎになるので、試してみてくださいね。

ずれ落ちてくるのを予防するのも、方法がありますので、参考になればと思います。

タイトルとURLをコピーしました